2003年、「冬のソナタ」の日本初放送により、日本中で韓流ブームが巻き起こり、
韓国ドラマや、K-POPアーティストの華やかなステージに、多くの日本人が夢中になりました。

あれから10年――。
日本有数のコリアンタウンである新大久保は“韓流の聖地”として知られ、
韓国ドラマ/K-POPファンが大勢訪れるようになりました。
日本にいながらにして韓国を身近に感じるとともに、文化の大きなチカラを感じた10年間でもあります。
その節目にあわせて、昨年「新大久保ドラマ&映画祭」が企画され、
今年第2回「新大久保映画祭」として開催されます。

新大久保の街の魅力や、多くの人々を引きつける要素には、
各店舗の営業努力――例えば人気商品の品揃えや美味しいメニューの開発、
お客様へのサービスなどいろいろな要因が挙げられますが、
その時その時の外的要因にも大きく左右されてきたと考えられます。

例えば、韓流ドラマやK-POPで新たな人気スターが生まれる、
新作の韓流ドラマの視聴率が上がるといった集客にプラスになる出来事もあれば、
日韓の政治的な問題が持ち上がると街全体がマイナスの雰囲気に影響される時もありました。

「新大久保映画祭」のそもそもの発想は、
こうした外的要因と呼べるもので街の将来を左右されるのでなく、
街自体が文化の発信地となって文化交流を促そう、
新大久保をもっと多くの人を引きつける街にしようという、
街の内側から魅力を高めていく発想です。

新大久保には今でも多くの人が訪れます。
新大久保にいらした方々に新たな情報を持ち帰っていただき、
ご家族や友達に口コミをして再度一緒に訪れていただきたい、
継続性のある街の楽しみ方を提供していこうというきっかけに本行事がなるよう私たち実行委員会は努力していきます。

本行事は、最新の韓国映画の上映を中心に、
7か国17作品の映画を通して新大久保の街全体が盛りあげる予定です。
皆様もぜひ映画祭の活動にご参加いただき、一緒に街を盛り上げていきましょう。
「新大久保映画祭」実行委員会 
実行委員長 呉永錫



新大久保映画祭 実行委員会
実行委員会 会長 保坂三蔵
実行委員会 会長 金秀吉

実行委員長 呉永錫
実行委員長 李玉順
副実行委員長 根本二郎
副実行委員長 李承珉
副実行委員長 申尚潤

事務局長 李謹行
事務局長 鈴木琢磨

実行委員 アドゥン
実行委員 李小牧
実行委員 石川善広
実行委員 姜聲鎬
実行委員 姜俌競
実行委員 金世煥
実行委員 古賀智子
実行委員 申明直
実行委員 申惠媛
実行委員 タパ
実行委員 田原章雄
実行委員 程禎珌
実行委員 黄貴成

プロデューサー 李珍一
ごあいさつ